2013年06月04日

見込み客フォローのためのメール・マガジン【6】

(1)見込み客フォローのためのメール・マガジンの役割とは?

■定期的な見込み客への情報提供です。
毎週或いは、日刊で発行し、
ニュースや役に立つ情報をコンテンツとします。

■発刊を発行者が決められので、
メルマガはプッシュ型の情報提供だといえるのです。

■メルマガは無料発行スタンド(まぐまぐ等)や独自配信により、
発行するのですが、そのメルアドの管理が重要です。

(2)見込み客フォローのためのメール・マガジンにおける重要ポイントとは?

■メール・マガジンにとって、
メール・アドレスは、大変重要です。
無料発行スタンドでは、
自社でそのメール・アドレスを管理することができません。
そのため、見込み客をフォローするには、
独自配信し、メール・アドレスを取得・管理することが必要です。

■発行サイクルを守り、
商品・商材・サービスにつての情報ばかりでなく、
有益な情報の提供が大切です。

(3)見込み客フォローのためのメール・マガジンに必要なこととは?

■メール・マガジンが見込み客に対して、
役に立ち、読者に好意を待たれるためには、
そのコンテンツ(記事内容)が重要です。

■常に有益な情報を書くには、
そのソース(情報源)が必要です。
自社のネットワークの中で、収集できるニュースや、
役に立つ情報のソース(情報源)を常に探しておく必要があります。

■コンテンツの重要性は、ブログと同様ですが、
読者へのアプローチが違うだけだからです。

(4)見込み客フォローのためのメール・マガジンにおける問題点とは?

■メール・マガジンの管理者がいないと、
発行サイクルが守れず、
コンテンツの管理ができないので、
常に新鮮で、
役に立つ情報の提供が困難になってしまいます。

■組織・会社・企業のメルマガは、
担当者が交代しても発行可能にするために、
コンテンツ・ソースを確立しなければなりません。

(5)見込み客フォローのためのメール・マガジンによる成果とは?

■見込み客への恒常的な情報提供による、
商品・商材・サービスに対する信頼性の向上です。

■発行サイクルを守り、
コンテンツの質を維持することができれば、
見込み客に支持される情報ソースとなることができ、
親和性(好感度)を強めることができるのです。

●今日の検証(Check)
・メルマガの発行が個人的なスキルに依存していないか?
・担当者を代えても発行可能か?
・質(内容)と量(頻度)が守れているか?
●今日の改善(Action)
・メルマガの発行を組織として行う!
・発行サイクルを守る!
・コンテンツ・ソースを確保する!



--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks TEL.03-3295-3360
FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。