2013年05月13日

個人的なツールについて 【14】

(1)個人的なツールとは?

■今回の内容は、
グット身近なセールス・ツールとしての、
自己紹介状や名刺・お礼状など、
個人的なツールについてです。
自己紹介状は、
営業の訪問などで直接相手に渡すのではなく、
事前のDMに同封して使われるためのものです。

■自己紹介なので、
体裁の良いデザインが必要ではありません。
それよりも、自分で手書きの親しみやすいのもがベターです。
手書きのイラスト、似顔絵、写真のアイ・キャッチとなり、
印象付けることが出来ます。

■趣味や出身地、キャラ、出身校なども、
コンタクトの重要なキーワードになることがあります。
学校が同じというだけで、
セールスのアプローチが終了というケースもありです。
同郷というだけで、
スムースなコミュニケーションが始まるのは、
人と人との関係を結ぶという点から考えても、
疎かにすべきではありません。

(2)個人的なツールの重要性とは?

■名刺はホントにバカにならない、
その会社を表わす顔となる役割を持っています。
裏表で、最大限の自己(自社)表現がされてなければ、
渡した相手に、
仕事のクオリティーまで見抜かれてしまいます。
名刺こそ自己(自社)表現のシンボルだと、
考えてよいのではないでしょうか。

■取引開始後のフォローに用いるお礼状は、
4つのセールス・ステップの、
最後の「顧客化」における重要なテクニックです。
しかし、お礼状はまだ取引が行われる前の、
ファースト・アプローチの後でも大変有効です。

(3)個人的なツールに必要なこととは?

■近年大変重要になったのが、
メールによるお礼状です。
時間をおかずに、
感謝の意を述べたメールが届いたら、
皆さんはどう思われますか。
セールスの後、
3日も経てばすっかり忘れてしまうような案件でも、
印象付けることが出来、
セカンド・アプローチを有利にすることが出来ます。

■お礼のメール、
それは新しいビジネス・ルールの、
スタンダードといえるのではないでしょうか。
また、メールが当たり前の時代であるからこそ、
手書きのカードは、非常に有効です。
そのとき用に、
日ごろからインパクトのあるカードを集めておくのは、
役に立つと思います。

IMG_8555.JPG

●今日の検証(C)
・自己紹介状や名刺は進化させているか?
・お礼状を素早く出しているか?
・ファースト・アプローチの印象を高められているか?
●今日の改善(A)
・自己紹介状を創る!
・お礼状をすぐに出す!
・第一印象を高める!

http://www.youtube.com/watch?v=vqv0z_1kfNU&feature=share&list=UUpjwqjdvec43vBaX79Z5bAg
・・・You Tube に5分間無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks
TEL.03-3295-3360
FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。