2013年05月10日

屋外看板広告について 【13】

(1)屋外看板広告とは?

■エリア(地域)を生かした、告知に有効な広告メディアです。
特定の地域内での情報発信をするのに看板は大変効果的です。
看板は3つのタイプに分けることができます。

○1番目は、訴求すべきもの(店)から遠く離れている看板です。
例えば商品広告の看板や、
お店から遠く離れたところにある看板がこのタイプです。
このタイプは、ある地点に誘導する為のものではないので、
感情に訴えかけるタイプの看板です。
イメージ広告といえます。
つまり、感覚的、直感的な内容で、
ヴィジュアルな表現をしたものが適切です。
このタイプの看板は、大型であればあるほど、
ダイナミックで迫力があります。
新宿や渋谷の駅前では、
野球場のような大型スクリーンで映像を表示しているものもあります。

○2番目のタイプは、訴求地点からあまり離れていない看板です。
このタイプは、アクションを起こさせる為のきっかけを作る役割があります。
その為、訴求したいものについて、
具体的に訴えかける内容でなければなりません。
例えばお店の特徴について、具体的に表現してなければなりません。
その看板を見た人が、
そのお店に行きたくなるような内容、表現がポイントです。
その為、このタイプの看板ではキャッチ・コピーが大切です。
ちょっと大袈裟な、フックする言葉を入れるべきです。

○3番目は、訴求ポイントに近い看板です。
つまり、お店の近くで迷わないように誘導する為の看板です。
すぐそばにある事がわかり、的確な指示を必要とします。

(2)屋外看板広告での重要なこととは?

■これら3つのタイプの看板は、
それぞれの役割を十分に理解して作られてこそ、
その使命を果たせるのであって、
その看板に明快なコンセプトを必要とします。

■また、それぞれのポイントで通行人の数量分析を行うことにより、
その看板が的確に、
本来狙っているターゲットに訴求できるかを調査することも大切です。

IMG_8361.JPG

●今日の検証(C)
・看板のある地域特性を把握しているか?
・メディアとしての看板の属性を理解しているか?
・看板の属性を3タイプに分けているか?
●今日の改善(A)
・看板広告の地域特性を理解する!
・地域と属性からヒットするメディア(看板)を選ぶ!
・それぞれの役割を十分に理解する!

http://www.youtube.com/watch?v=FLw2tc9QkWI&feature=share&list=UUpjwqjdvec43vBaX79Z5bAg
・・・You Tube に5分間無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks
TEL.03-3295-3360
FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。