2013年03月27日

「利己から利他へ」【10】

(1)「利己から利他へ」とは何か?

■自己目標を実現するためには、
自分の力だけでなく、
他の人の協力が必要です。
そこで必要なことは、人の役に立ち、
利他の行為を行うことです。

■利他的な行為は、
必ず自分に帰ってくるからです。
自分の目標を達成するためにも、
利他的であることが必要なのです。

(2)「利己から利他へ」の重要性とは?

■人のために役立ち、働くことは、
結果自分に返ってくるのです。
利他的であるかを考え、行動することで、
周囲の人たちは、その人を信用、
信頼し認めるのです。

■自己利益だけのために行動していると、
周囲の人が協力・援助してくれず、
自分の力量以上の仕事はできません。

■人の役に立つ利他の行動が、
他の人からの協力・援助を得ることで、
より大きな課題達成へと繋がるのです。

(3)「利己から利他へ」に必要なこととは?

■利他的な行動による、
直接的な利益を求めないことです。
人の役に立つ行動が、
直接自分の利益にはならないのです。

■自分の利益を求めず、
他者の利益のために行動を続けることが、
協調や“和”を生み出し、
組織・会社・企業がより発展・前進するのです。

直接的な見返りを求めないことが必要です。

(4)「利己から利他へ」における問題点とは?

■他者のために働いた結果として、
自分の利益を求めることです。
利他の行為は、直接自己利益に還元されるものではなく、
利他の行為による、信認を得られた結果、
協力・援助を得られるのです。

■その為時間がかかり、
利他的な行動と結果はすぐに結びつかないのです。
利他的な行動と自己利益は直接の因果はないのでから、
その結果を求めることは間違いなのです。

(5)「利己から利他へ」がもたらすものとは?

■信認を得ることができ、
協力と援助を受けることができることです。
それにより、より多くの力を集合させ、
大きな成果を達成できるのです。

■偉大ないからを発揮する人たちは皆、
利他の行動を実践した人です。
より大きな課題・ゴールを達成するためには、
利己的な行動から、
利他的な行動へ転換が必要です。

20130327 001.jpg

●今日の検証(C)
・人の役に立っているか?
・利他的な行動をしているか?
・見返りを求めていないか?
●今日の実践(D)
・人の役に立つ!
・他者のために働く!
・利他的な行動で大きな課題・ゴールを目指す!

http://youtu.be/PpSAtCtCobk
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。