2013年03月15日

高める!仕事の意識レベル【3】

(1)仕事の意識レベルとは?

■仕事の意識レベルとは、
仕事に対する自覚のレベルのことです。
仕事に対する自覚とは、
仕事によって自己実現をどのようにしようと思うか、
どのような自分になりたいのか、
それらを、自分なりに考えることです。

■自分が仕事で実現したいゴールを定め、
その為に何をすべきかを考え、
行動し、検証し、改善するサイクルを、
繰り返し実践することで、自己実現へ前進するのです。
どこまでの自己実現を目標にしているのかが、
仕事の意識レベルです。

(2)仕事の意識レベルの重要性とは?

■自分で仕事により、
自分の生活や自己をどこまで引き上げられるか、
それを決めるのが仕事の意識レベルです。
その為、仕事の意識レベルによって、
自己実現するゴールが違うのですから、
その自覚は重要なのです。

■仕事への意識レベルが高くないと、
そのゴールも低くなってしまいます。
仕事へのレベルは、
その人の仕事上のゴールを決めてしまい、
成果を決めてしまうのでとても重要なのです。

(3)仕事の意識レベルに必要なこととは?

■仕事でどこまでの自分を、
実現するかを考えるためには、
仕事へ取り組むための自覚が必要です。

■自己実現のゴールを考え、
成りたい自分をイメージし、
課題を設定するためには、
仕事上で自分を成長させる自覚が必要です。

■その自分のゴールや自己実現のイメージを持たなくては、
自覚も生まれず、日々に流されてしまいます。

(4)仕事の意識レベルにおける問題点とは?

■仕事を通して自己実現するイメージを持っていないと、
生活やお金のために働くだけとなり、
強い意志を持って仕事に取り組むことができません。

■仕事に対する意識のレベルが高くないと、
実現できる自分も低い自分となり、
目的・目標・課題に向かって、
永い間(最低3年)取り組むことができません。

(5)仕事の意識レベルが得るものとは?

■高い仕事への意識レベルは、
高い自己目標を持ち、
自己実現や課題達成に意欲的に取り組み、
その意志を持続させることで、
仕事の成功へ前進できるのです。

■仕事へ取り組む自覚こそが、
その人の高く、大きな人格形成を可能にし、
課題達成を実現するのです。
仕事への意識レベルを高く持つことが、
成功への道を切り開きます。

20130315 001.jpg

●今日の検証(C)
・仕事上でどんな自分になりたいのか?
・仕事上でのゴールはあるか?
・高いレベルの自己実現を目指しているか?
●今日の実践(D)
・仕事上でのゴールを持つ!
・仕事でどんな自分になるか考える!
・仕事の意識レベルを上げる!

http://youtu.be/RT1CKTkrDN8
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

人間力(基礎力)【2】

(1)人間力(基礎力)とは何か?

■仕事をするための人間力(基礎力)とは、
認められる(信認される)ための力です。
約束を守り、発言を実行でき、感謝し、礼儀正しく、
日々の業務を遂行する力です。

■人間力(基礎力)は、基本的なビジネス・マナーを守り、
多くの違う立場や職域の違う人との、
人間関係を築くために必要な力です。

(2)人間力(基礎力)の重要性とは?

■組織・会社・企業のそれぞれの職場で、仕事力を発揮し、
周りの人達から認められる(信認される)ことです。

■人間力(基礎力)があれば、
ビジネスの場において、周囲の人に認められ評価され、
互いに協力し、強い組織力を生み出せます。

■人間力(基礎力)は、
それぞれの職能を発揮する以前に、
人間関係を円滑にすることで、
他の人の信頼を得ることができるのです。

(3)人間力(基礎力)に必要なこととは?

■仕事上の人間力(基礎力)に必要なのは、社会性です。
ビジネスにおいて、基本的なマナーを守り、
協調性を保つことは、初歩的な心構えです。

■しかし、それぞれの職場にはこの初歩的な心構えに欠け、
力の集中を妨げ、活力を削いでしまう人がいます。
そうならないために人間力(基礎力)が必要なのです。

■人間力(基礎力)は、
職場の空気(雰囲気)を良くするためにも必要です。

(4)人間力(基礎力)における問題点とは?

■約束を守れないことです。
職場のルールを守れないことは、
組織・会社・企業で他の人との仕事の進捗を遅らせ、
迷惑を欠けることになります。

■遅刻や会議中の退席や、
協力を必要とする業務(掃除等)、
行事(レクリエーション等)への不参加などは、
組織・会社・企業の協力する力を弱め、
全体のモチベーション(動機)を下げてしまうのです。

(5)人間力(基礎力)による成果とは?

■協調性の高い職場を形成し、
組織・会社・企業の力を高めます。
優れた人間力(基礎力)は、
組織・会社・企業に“和”をもたらし、
力を集め、困難を克服し、
課題を達成していくことができます。

■協調性の高い職場は、それ自体が価値を生み、
働く人のモチベーション(動機)を高め、
明るく、前進することができ、
組織・会社・企業を発展させるのです。

20130314 001.jpg

●今日の検証(C)
・基本のマナーを身に付けているか?
・ルールを守れているか?
・人間力(基礎力)を磨いているか?
●今日の実践(D)
・基本的なマナーを身に付ける!
・職場のルールを守る
・協調性(助け合う)の精神を持つ!

http://youtu.be/KsS1GS_HbAI
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

大切な!仕事の人格【1】

(1)仕事の人格とは?

■仕事をする上での人格とは、
互いを敬い、違いを認め、協調できる人の位です。
仕事をする上で他の人から認められることを、
実行・実践していなければ、尊敬されません。

■又他者との違いや欠点に気付き、
長所を伸ばすことで、
人のために働くことが必要です。

(2)仕事の人格の重要性とは?

■仕事をする上での人格は、
その人が所属する組織・会社・企業に、
協調・協力の精神をもたらし、
強い組織・会社・企業を創ることができます。

■働く人の人格は、
その所属する組織・会社・企業が強くなり、
発展するための基本となるので重要です。

■仕事をする上での人格を持つ人が、
構成するチームやグループは、
ストレスのない協調性の高い組織になれるからです。
 
(3)仕事の人格に必要なこととは?

■自分の欠点や他人との違いを自覚しながら、
仕事上で、優位性を発揮し、
その存在価値を認められることです。

■誰にでも、
他の人との習慣の違いや考え方の違いはありますが、
それらを自覚し、欠点・短所を自覚し、
それに勝る仕事上の力を発揮できれば、
他の人に認めてもらえるのです。

■仕事上の人格で必要なことは、
仕事上で成果を生み出し、
組織(他者)の役に立つことです。

(4) 仕事の人格における問題点とは?
■自分の短所・欠点を自覚できず、
他者のためにも働くことができないことです。

■遅刻が多かったり、
会議の欠席などは協調性を欠き、
他者に迷惑をかけることになります。

■全体で行う活動が、
たとえ仕事上の実務でない掃除などでも、
積極的に活動できなくては、
その人の存在価値を認めてもらえません。

(5)仕事の人格が得るものとは?

■仕事上の人格を持つことができれば、
その人は、いずれの組織・会社・企業にあっても、
協調性を保ち他者から認められるので、
評価されるのです。

■仕事上の人格は、
組織・会社・企業の“和”を生み出す根本です。
組織・会社・企業の“和”は、方向性を定め、
力を集約できるので、“パワー”を発揮でき、
成果に早く辿りつけるのです。

■ビジネスでの人格形成は、
その人が所属する組織・会社・企業で、
活躍できるための基本だと言えます。

●今日の検証(C)
・自分の短所・欠点を自覚できているか?
・仕事上で認められる成果を上げられているか?
・他者の役に立っているか?
●今日の実践(D)
・短所・欠点を自覚し、長所を伸ばす!
・仕事上の成果を出し認めてもらう!
・他者へ役立つことを実践・実行する!

http://youtu.be/6a_EEnlrQwE
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。