2013年03月21日

飛び越える【6】

(1) 飛び越えるとは?

■飛び越えるとは、
リスクを取り実行することです。
選択に迷い決断できない時に、
リスクを承知で実行することです。

■その選択において「する」か「しない」の判断に迷った時に、
そのリスクを理解し、実行するために飛び越えるのです。

■迷って実行できないと、実行(D)の検証(C)ができず、
改善(A)への展開が、なくなってしまいます。
迷ったら“飛べ”なのです。

(2) 飛び越えることの重要性とは?

■迷いは、常に決断と実行を妨げます。
その逡巡がチャンスを失わせるのです。

■判断をつけかねる選択は、
行動を選ぶことで検証(C)や改善(A)など、
その結果からの未知への展開が可能です。
しかし、その先の予測などできないので、
止めてしまっては、
道は開かれないのです。

■見えない次のステップを手に入れるためには、
“飛び越える”必要があるのです。

(3) 飛び越えるために必要なこととは?

■選択に迷った時に、
必ずリスクの高い困難な道を選ぶことです。
未来の予測など誰にもできないのですから、
その一歩を進めることが、
見えない“道“を顕在化させるのです。

■リスクを取ることで、見えない“道”を見出し、
難しい問題・課題の達成・ゴールへ前進できるのです。

■飛び越えるために必要なことは、
その先に続く次のステップが、必ず現れることを想像し、
決断、実行することです。

(4) 飛び越えるための問題点とは?

■逡巡することです。
迷いと躊躇いが、時を逸するのです。
判断できないのですから、
その時こそ“リスク”を取り、
困難な選択肢を選ぶべきなのです。

■しかし、誰でも“リスク”へのためらいや、
見えない“道”への諦め、
次のステップを想像しないために、
“飛び越える“ことができないのです。

(5) 飛び越えて得る成果とは?

■“飛び越える“ことは、
その行動が次のステップを生み出し、
“道”を開くのです。

■判断できない選択で、
困難な選択肢を選ぶことは、
必ず因果として、大きな成果へ繋がるのです。
“飛び越える“ことが、
見えない”道“へ進む第一歩となるからです。

■迷った時に“飛び越える“ことで、
未来への道が開かれるのです。

20130321 001.jpg

●今日の検証(C)
・“飛ぶ”ことができるか?
・迷いや躊躇いで時間を失っていないか?
・リスクをとることができるか?
●今日の実践(D)
・困難な選択肢を選ぶ!
・次のステップや未来の展開を想像する!
・“飛び越える“決断をする!

http://youtu.be/bU_3U3H791g
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

なぜか?見えない道【5】

(1)見えない道とは何か?

■見えない道とは、
これから進もうする道が見えていないことです。
問題解決・課題達成へ進もうとするときに、
その道筋が見えないのです。

■最初からゴールへの道筋が、
分かっていれば着手できます。
その問題解決・課題達成へ進む道が見えないので、
ほとんどの人は、
見込みがないので着手しないのです。

■これから進むべき道が見えないだけで、
解決への道(ゴールへのルート)は、必ず有るのです。
それは、その道が顕在化せず、見えていないだけなのです。

(2)見えない道の重要性とは?

■見えないだけで、
問題解決・課題達成への道はそこにあるのです。
見えないから諦めるのではなく、
見えない道を探りながら進むべきなのです。

■見えないことで、
道がないと思ってしまうだけなのです。
問題解決・課題達成への道が、
顕在化していないことが重要なのです。
そこに全てのヒント・鍵が隠されているのです。

■高度な目標達成への道、
とても手に負えない問題解決への道はさらに見え難く、
進むことができないと感じてしまうのです。
しかし、道は必ず存在するのです。

(3)見えない道に必要なこととは?

■その道は進まなくては、見えてこないのです。
一歩目を踏み出せないのは、
道が見えないからなのです。

■見えないから、無いのではなく、
見えなくても“在る”のです。
顕在化していないけど、
明らかに“在る”のです。

■必要なことは、“在る”ことに気が付くことです。
必ずあるのですから、
最初の第一歩を踏み出すべきなのです。

(4)見えない道における問題点とは?

■見えないことに囚われることです。
見えないことで、
進むべき道がないと思い込むことです。

■見えていないだけで(顕在化していないだけで)、
進むべき道は存在するのですから、
少しずつ進めばよいのです。
30cmずつ10,000歩進めば3km進むことができます。

■簡単なことのようですが、
道が見えないための思い込みが、
大きな課題達成や、問題解決を諦めさせるのです。

(5)見えない道による成果とは?

達成が困難と思われる課題や、
解決ができないとおもわれる、
難しい問題を乗り越えることです。

■道は、存在しないのではなく見えないだけなのですから、
前進することで顕在化し、ゴールへ導かれるのです。

■ゴールが遠ければ遠いほど、道は見え難いのです。
進むほどに徐々に見えてきます。
見えないので、“道“が無いと思い込まなければ、
困難な課題は達成され、難しい問題も解決可能です。

20130319 001.jpg

●今日の検証(C)
・“道”がないと思い込んでいないか?
・“道”を見ようとしているか?
・“道”があることを理解しているか?
●今日の実践(D)
・見えない“道”に踏み出す!
・見えない“道”があることを知る!
・遠いゴールへほんの少しずつ進む!

YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

必要な!育成(成長)の場【4】

(1)育成(成長)の場とは?

■育成の場とは、
仕事をする人が育ち成長するための場です。
仕事をする人が、
組織・会社・企業の中で自ら成長するために必要な場です。

■自ら気付き、考え、行動し、反省し改善することで、
人は成長していきます。

■その為に成長するための場が必要です。
組織・会社・企業は、
仕事をする人が成長するための場で、
有るべきです。

(2)育成(成長)の場の重要性とは?

■育成の場がなくては、
仕事をする人が成長して行くことができません。
育成の場があることで、
仕事をする人が自ら成長できるのです。

■組織・会社・企業が育成の場であることで、
仕事する人が成長し、目標に前進し、
成果を達成するのです。
その為には、組織・会社・企業が、
仕事をする人の成長の場であるべきなのです。

(3)育成(成長)の場に必要なこととは?

■仕事をする人が、
自ら成長するための場が必要です。
自分で気付き、考え、行動し、
反省し、改善することで、
人は成長するからです。

■仕事上の知識やスキルを得るために、
教育・学習は必要ですが、
成長するためには、
自発的・能動的な考え・行動・反省・改善が必要です。

■そのためには組織・会社・企業が、
自発的・能動的な考え・行動・反省・改善をする場で、
あるべきなのです。

(4)育成(成長)の場における問題点とは?

■育成(成長)の場が、教育だけの場であると、
仕事をする人が、自ら考え・行動・反省・改善しなくなり、
自発的・能動的な成長・前進ができません。
その為には常に、指示・命令で行動するのではなく、
自発的・能動的に行動する場としての、
組織・会社・企業が必要です。

■自分で気付き、
考え・行動・反省・改善するための仕組みや制度が、
組織・会社・企業を育成(成長)の場へと、
進化させることができるのです。

(5)育成(成長)の場による成果とは?

■仕事をする人が、自ら気付き、
考え・行動・反省・改善することができきれば、
目標・課題を掲げ、達成し、前進することができます。
その結果、組織・会社・企業は個々の人の力だけでない、
総合的な力を発揮し、発展・成長することができるのです。

■組織・会社・企業が、育成(成長)の場となることは、
その組織・会社・企業が、
永続的に発展・成長するための基本なのです。
育成(成長)の場で、人は育ち・成長し、
組織・会社・企業を発展させるのです。

20130318 001.jpg

●今日の検証(C)
・自ら成長するための場であるか?
・成長のための仕組み・制度はあるか?
・管理・教育だけの場になっていないか?
●今日の実践(D)
・自発的・能動的に成長するための場を創る!
・成長のための仕組み・制度を設ける!
・自ら考え・行動・反省・改善する場を創る!

http://youtu.be/nksaXvasqoE
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。