2013年02月20日

見込み客フォローの施策【5】

(1)見込み客フォローの施策とは?

■集めた見込み客リストに情報提供し、
見込み客の購買意欲を高めます。

■小冊子、ニュース・レター、FAX・レター、
メール・マガジン、などのPush型のツールや、
ブログ、WEBサイト、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)、
などのPull型のツールがあります。

■これらは、ボリュームやその頻度によって、
多くの情報を提供できるツール・仕組みです。
多くの情報提供により、見込み客との接触頻度を上げ、
親和性を高められるのです。

(2)見込み客フォローの施策の重要ポイントとは?

■提供する情報の量(ヴォリューム)、
回数(フリークエンシー)、質(クオリティー)です。
より多くの情報を受けることで、
見込み客は、
その商品・商材・サービスに親近感を感じるようになります。

■見込み客フォローは、それはより多くの情報により、
その商品・商材・サービスに対する理解が深まり、
親和性を高めることが目的です。

■より多くの役に立つ情報提供こそが、
見込み客フォローの重要な課題です。

(3)見込み客フォローの施策に必要なこととは?

■提供する情報をお客様の興味を引く、
お客様の役に立つ、
内容(コンテンツ)にすることです。

■小冊子の内容は、お役立ち情報が必要で、
ニュース・レターは、
毎回読んでもらえるキャッチ(つかみ)が冒頭に必要です。

■商品・商材・サービスに見込み客の注意をひきつけ、
購買温度を高めることができるコンテンツが必要です。

(4)見込み客フォローの施策における問題点とは?

■提供する情報の量(ヴォリューム)、
回数(フリークエンシー)、
質(クオリティー)における問題点です。

■情報の量(ヴォリューム)は必要充分であるか?
回数(フリークエンシー)は、適正な頻度か?
質(クオリティー)は、興味を引き役に立つか?
上記3点を解決することが必要です。

(5)見込み客フォローの施策がもたらす成果とは?

■見込み客の購買意欲を高めることです。
見込み客への適切な情報提供は、
商品・商材・サービスへの親和性・好感度を高め、
購買への障壁を下げることができます。

■商品・商材・サービスを熟知させることで、
購入意欲は高まり、動機付けすることで、
成約へ結び付けられるのです。

■商品・商材・サービスに好意的な見込み客育成こそ、
新規顧客獲得への近道(ショート・カット)なのです。

20130220 001.jpg

●今日の検証(C)
・必要充分な情報提供をしているか?
・回数(フリークエンシー)、質(クオリティー)は、適切か?
・商品・商材・サービスへの親和性・好感度を高められているか?
●今日の実践(D)
・豊富な情報を提供する!
・適切な接触頻度を保つ!
・親和性・好感度を高める情報提供をする!

http://youtu.be/x6cAgHPOJRQ
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。