2013年02月06日

経営指針の戦略【16】

(1)経営指針の戦略とは何か?

■経営指針の戦略とは、
組織・会社・企業が進むべき方向を定めることです。
商品・商材・サービスの開発方針であり、
営業・販売方法の仕組み創り、
販売促進の方針を決定することです。

■方向性を決定することは、
組織・会社・企業の向かうべき道を指し示し、
メンバー全員が力を合わせて、
前進するために行われます。

(2)経営指針の戦略の重要性とは?

■組織・会社・企業の方向を定めることは、
メンバーの行動方針となり、
力を集中させることができます。
ゴールを明示することで、
行動方針が明確となり、
選択を可能にし、行動の無駄を省き、
集中させることができます。

■力を集中させることで、
より大きな力を生み出すことができるのが、
経営方針の重要性です。
ゴールを指し示し、
方針を決定することでチームは一体化できるのです。

(3)経営指針の戦略に必要なこととは?

■ゴールの明示と、
その為の施策を決めることです。
経営指針の決定には近未来の目標と、
その為の行動基準が必要です。
メンバーが、その目標と行動基準を理解し、
行動、検証、改善へと前進できるからです。

■必要なことは、
方向を指し示す標語(スローガン)によって、
組織・会社・企業全体の行動がブレないようにし、
力を集約することです。

(4)経営指針の戦略における問題点とは?

■明快なゴールと、
行動基準が指し示されておらず、
組織・会社・企業の行動にまとまりがないことです。

■ばらばらな活動は、
力を集中できず、無駄が多くなります。
全員が方向を合わせることで、
情報の共有が生まれ、
検証(C)や改善(A)の結果を共有でき、
組織・会社・企業のスピードを上げられるのです。

■明快なゴールと行動基準を指し示し、
メンバー全員の力を集約させなければなりません。

(5)経営指針の戦略がもたらす成果とは?

■指し示されたゴールや行動基準により、
力の集中が起こり、
組織・会社・企業の前進スピードを速めることです。

■標語(スローガン)を浸透させることで、
目標設定を理解させることができ、
行動の動機付けが強くなり、
前進スピードを加速させるのです。

■経営指針の戦略によって、
組織・会社・企業の方向を定め、
メンバーのパワーを集中させ、
課題を達成できるのです。

20130206 001.jpg

●今日の検証(C)
・方向性は決定しているか?
・目標と行動基準は浸透しているか?
・標語(スローガン)は掲げられているか?
●今日の実践(D)
・経営指針を定める!
・目標に向け一致団結する!
・標語(スローガン)に向かって加速する!

http://youtu.be/N_3-YWc7bbI
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。