2013年02月25日

オファー・プレゼント【8】

(1)オファー・プレゼントとは?

■集めたアクセスから住所、氏名、TEL、FAX、
メール・アドレスを得るための有益な情報提供です。

■商品・商材・サービスを必要とするマーケットで、
有益な情報を小冊子、E-book、音声CD、動画配信、
等にパッケージし、無料配布するために必要です。

■スタイルにこだわらず、
いろいろなフォームに対応できるほうが機会を逃しません。

(2)オファー・プレゼントの重要性とは?

■見込み客フォローのための情報の収集に不可欠です。
オファー・プレゼントのクオリティーにより、
見込み客情報の獲得数が増減するからです。

■オファー(プレゼント)は、
アクセスや告知(メルマガ広告、DM等)により、
問い合わせを得るために重要性です。

■2ステップのダイレクト・マーケティングでは、
その良し悪しが結果となって現れます。

(3)オファー・プレゼントに必要なこととは?

■その商品・商材・サービスのマーケットでの、
役に立つコンテンツの質と鮮度です。

■情報コンテンツのブラッシュ・アップを重ね、
常に情報の鮮度を保ち、
時代の変化スピードに遅れないことが大切です。

■オファー(プレゼント)に必要なことは、
見込み客にとって魅力的であることです。

(4)オファー・プレゼントの問題点とは?

■見込み客にとって、
情報に鮮度がなく魅力的に映らないことです。
たとえ無料でも、魅力的なければ、
申し込んでもらえないからです。

■情報は日に日に古くなってしまいます。
その為には、常に改訂し書き換え、
ヴァージョン・アップさせなければなりません。

■仕組みやそれぞれのツールにあわせ、
時代の変化に合った情報(コンテンツ)が要求されるのです。

(5)オファー・プレゼントがもたらす成果とは?

■問い合わせであり、見込み客データの集積です。
見込み客データの収集は、
その後の販売マーケティングが、
成功するかどうかを左右するのです。

■いかに多くの見込み客データを収集できるかが、
オファー(プレゼント)によって決まります。

■オファー(プレゼント)がもたらす成果とは、
最終的な販売成果を押し上げる基本となるのです。
良いオファー(プレゼント)は、
見込み客データをより多く集められるからです。

20130225 001.jpg

●今日の検証(C)
・オファー(プレゼント)は魅力的であるか?
・オファー(プレゼント)はマーケットにマッチしているか?
・オファー(プレゼント)は時代にマッチしているか?
●今日の実践(D)
・オファー(プレゼント)から問い合わせを得る!
・オファー(プレゼント)を最新にする!
・オファー(プレゼント)を有益なマーケット情報にする!

http://youtu.be/zimYrQeaeS4
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

アクセスアップ・接点の拡大【7】

(1)アクセスアップ・接点の拡大とは?

■アクセス拡大とは、露出の機会を増やすことです。
メッセージを伝える接点を拡大するための施策です。

■見込み客との接点を増やす施策とは、
検索エンジン上位表示や、検索ワード広告(PPC広告)、
ブログのアクセスアップ、SNSの仲間を集める、等です。

■アクセスアップの拡大とは、
見込み客との接点を多く持つ施策のことです。

(2)アクセスアップ・接点の拡大の重要性とは?

■見込み客リストを集めるための、機会を増やすことは、
そのリストを増加させ、メッセージを伝えるために必要です。

■接点の拡大は、
その後のマーケティング活動のスタートとして重要です。
数の拡大は、多ければ多いほど、
有効な成約を得る率が上がるからです。

■リストを確保するために、それぞれのツールにおいて必要な、
見込み客との接点を増やす施策の実施は必要不可欠です。

(3)アクセスアップ・接点の拡大に必要なこととは?

■SEOに必要な施策、PPC広告の施策、
メール・マガジンの部数拡大の施策、
ブログへのアクセスアップの施策、
SNSでの仲間を増やす施策、等が必要です。

■それぞれに必要な要件があり、
必要なテクニックやスキルがあるので、
組織・会社・企業では、
専任(兼任も可)の担当者が必要です。
各ツールの特性に応じた対応が必要だからです。

(4)アクセスアップ・接点の拡大の問題点とは?

■アクセスアップの拡大のための要件が、
多様になり、各ツールによってその施策が違い、
対応に追われてしまうことです。

■特にインターネット上の仕組みの変化は、
急速にWEBサイト、ブログ、メール、SNSへと進化し、
それぞれに追従する必要があるからです。

■従来のリスト収集だけでない、
SNSへの対応は現在最も重要な課題です。

(5)アクセスアップ・接点の拡大によって得られるものとは?

■マーケティングの最初に必要な数の確保です。
見込み客数の絶対数は、
その中から成約客を見出すために必ず必要です。

■ネット上での見込み客集客は、
現在の販売のためのマーケティングでは、最重要課題といえます。
大企業でさえ、マス媒体への露出よりネット上での集客の有効性を重視し、
特にSNSでの広報への対応を積極的に推進しています。

■それは新たな仕組み(SNS)が、
現在の集客の接点として重要であると共に、
実際の成果が発揮されてきているからです。

20130222 001.jpg

●今日の検証(C)
・ネット集客の対応ができているか?
・ツールの属性に合うアクセスアップができているか?
・スキルの学習をしているか?
●今日の実践(D)
・ネット上のアクセスアップの施策を行う!
・各仕組みの属性を理解し対応する!
・費用対効果の良い集客を目指す!

http://youtu.be/oCIJrkUNt6c
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

見込み客フォローのツール【6】

(1)見込み客フォローのツールとは?

■Push型のツールは、
小冊子、ニュース・レター、FAX・レター、メール・マガジン、
Pull型のツールは、
ブログ、WEBサイト、
SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)、などがあります。

■それぞれのツール制作のスキルがあり、
Push型のツールは、送り先リストを増やす施策が必要です。
Pull型のツールは、アクセスを増やす施策が必要です。

(2)見込み客フォローのツールの重要な点は?

■それぞれのツールの特性による、最適化です。

■小冊子は、商品・商材・サービスのための、
テーマ、構成・展開、ストーリーが必要です。
ニュース・レターは最初に、
興味を引く強いアテンションのある記事が必要です。
FAX・レターは、1〜2ページにまとめ、
重要なトピックを1〜2点に絞る必要があります。
メール・マガジンは、
役に立つメイン・コンテンツ、タイムリーなトピックス、
告知(広告)など構成し、
読まれるメルマガでなければなりません。

■ブログは、できる限り更新頻度を上げ、
リピートする来訪者を増やし、
検索エンジンに上位表示されるテーマが必要です。
WEBサイトは、コンテンツをできる限り増やし、
それぞれが、
検索エンジンで上位表示される施策(LPO)が必要です。
SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)は、
書き込み頻度を上げ、テーマを絞ることで、
その属性を差別化する必要があります。

(3)見込み客フォローのツールに必要なこととは?

■それぞれのツールに必要な、リスト収集が必要です。

■小冊子、ニュース・レターは、
送付のために見込み客の住所、氏名が必要です。
FAX・レターは、見込み客のFAX番号が必要です。
メール・マガジンは、見込み客のメール・アドレスが必要です。

■ブログ、WEBサイトは、
検索エンジンからのアクセスの増加は必ず必要な課題です。

■ブログは、アクセスを集めるための、
検索キーワードを含むタイトル、コンテンツ必要です。
WEBサイトは、
基本的なSEOの施策による“ビッグ・ワード”での検索エンジン上位表示と、
よりコンバージョン率があがるための、属性の重なり合う、
検索エンジンで上位表示される施策(LPO)が必要です。

■SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)は、
それぞれの仲間(Mixi:マイミク、Twitter:フォロアー、
Facebook:友達)を増やす施策が必要です。

(4)見込み客フォローのツールの問題点は?

■各ツールで見込み客を集めるための施策が違い、
それぞれに対応しなくてはなりません。

■顧客リスト収集のための施策とは、
アクセスを集める施策と共に、
そのリストを貰うためのオファーを使った、
2ステップの、
ダイレクト・レスポンス・マーケティングの手法が必要になります。

■SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)は、
それぞれの仕組みの中で、仲間を増やし、
見込み客との関係性を強めなければなりません。

(5)見込み客フォローのツールがもたらす成果とは?

■各ツールのリターンを改善し、効果を高めることです。
見込み客との関係性の構築です。
それぞれのツールが、見込み客との接点を増やし、
その関係性を強化することができます。

■見込み客フォローのツールは、
見込み客のリストを増やし、
情報提供により、
見込み客の親和性や高感度を上げることができ、
販売・成約への可能性を高めることができるのです。

20130221 001.jpg

●今日の検証(C)
・各ツールの特性を理解しているか?
・それぞれのツールに適した施策(スキル)をもっているか?
・Push型のツール、Pull型のツールを理解しているか?
●今日の実践(D)
・各ツールの特性を理解する!
・見込み客フォローのツールの属性に合った施策を行う!
・Push型のツール、Pull型のツールを理解する!

http://youtu.be/MK5U5PJw6YI
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。