2012年12月19日

イノベーション!創意・工夫する力【13】


(1)創意・工夫する力とは?

■計画立案や改善を行うための力です。
自分で考え、企画・計画を立案する力です。

■日頃勉強していいなければ、
創意・工夫は出てこないのです。
創意・工夫のために勉強は書かせないのです。

■自分で考え、自分で企画や計画を立案したり、
改善することは、独自性(オリジナリティー)を持ち、
優位性を持つために必要なのです。

(2)創意・工夫する力の重要性とは?

■模倣する(マネする)ことは、
そのことの学習になりますが、
差別化はできません。
創意・工夫は、他社と差別化、
独自性・優位性を持つために、大変重要です。

■オリジナリティーを持つことで、
他者にない強みを持てるからです。
独自性(オリジナリティー)による優位性を持ち、
マーケットでNo.1になるか、オンリー1になることは、
勝者になるための必要条件です。

(3)創意・工夫するには何が必要か?

■自分の頭で考えることです。
自分で考え、
自分で企画・立案・改善するのです。

■自分で考えるには知識が必要なので、
勉強が必要です。
常に自分の考えや意見を持っているためには、
勉強が必要です。

■勉強は、本を読むだけでなく、
セミナーや講演会、
勉強会に参加することも必要です。

(4)創意・工夫することができないのはなぜか?

■自分で考えないからです。
自分で考えずに、企画・立案・改善するには、
人に教わるか、マネするしかありません。
そこに独自性・優位性は生まれないのです。

■勉強した上で、
自分で考え企画・立案・改善することが、
創意・工夫を生み出します。
人に教わり、マネするだけでは、
独自性・優位性を生み出せないからです。

(5)創意・工夫するとどうなるのか?

■独自性(オリジナリティー)を持ち、
優位性を持ち、
No.1・オンリー1を生み出します。

■創意・工夫こそが差別化の原点です。
他社と違う商品・サービスを生み出す源が、
創意・工夫です。

■創意・工夫による企画・立案・改善の積み重ねは、
No.1・オンリー1となる勝者への道です。

20121219 001.jpg

●今日の検証(C)
・自分で考えているか?
・知識を持っているか?
・勉強しているか?
●今日の実践(D)
・自分で考え、企画・立案・改善する!
・積極的に勉強する!
・常に創意・工夫する!

http://youtu.be/eGHl8fuIrRU
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。