2012年12月13日

プラン作成力・課題設定力【9】


(1)プラン作成力・課題設定力とは?

■実行するためのプランを作成するために、
アイディアを練り、創意工夫(イノベーション)し、
計画を作成する力です。

■適切な課題を策定する力です。
現在の自分に適切な課題、
現在のチームに適切な課題、
現在の会社に適切な課題が必要です。
適切な課題や目標を追いかけることが、
検証(C)、改善(A)へとステージを押し上げるからです。

(2)プラン作成力・課題設定力の重要性とは?

■適切なプランが明日への道を切り開くのです。
実際には、成功しないことのほうが多いのですが、
そのプランに次のステップへ進む鍵が隠されていれば、
成功と言えます。

■良いアイディア・プランを生み出すことは、
実行(D)、検証(C)、改善(A)のサイクルのスタートなので、
その良し悪しが、結果の成績へ直結してきます。

■良いアイディア・プランに動機付けされ、
倍速で行動できれば、検証(C)と改善(A)を繰り返しながら、
成功の果実を手にすることができるのです。

(3)プラン作成力・課題設定力に必要なこととは?

■良いプランを生み出すために勉強が必要です。
常に最新の情報をキャッチし、
自分のアイディアをブラッシュ・アップする必要があります。

■本をよく読み、情報のインプットを多くし、
その情報をアウトプットすることで、
自分の中にインストールするのです。

■勉強し吸収した情報は必ず、
いろいろな手段で表現・伝達することで、
初めて自分の血肉となるのです。

(4)プラン作成力・課題設定力が欠けるのはなぜか?

■勉強が足りないのです。
情報を消化しきれずに自分の中で充分に咀嚼できていないと、
オリジナルなプランなど立案できないのです。

■十分な情報とその勉強がないと、
差別化された、優位性の高い、
競合に勝てるプランは生み出せません。

■特にインターネットの発達による情報化のスピードは、
超高速で進んでいるのです。
WEBサイト、メルマガ、ブログ、SNS、など、
そのツールの進歩は1年で状況が変化するほどです。

(5)プラン作成力・課題設定力で得られるものとは?

■挑戦的なプランが立案できれば、
マーケットで競合他社に勝つことができ、
ナンバー・ワンになることができます。
或いは、競合さえないオンリー・ワンのポジションに付くことさえ可能です。

■挑戦的で、画期的なプランは、
常に失敗を伴いますが、
そのチャレンジ・ミスを乗り越えれば、
道は開かれ、未来への希望を見出せるのです。

20121213 001.jpg

●今日の検証(C)
・本を多く読んでいるか?(月に何冊読んでいるか?)
・情報をアウトプットし吸収・消化できているか?
・差別化され、優位性の高いプランを創れるか?
●今日の実践(D)
・本を多く読む!(ビジネス書を週最低1冊読む!)
・インプットした情報をアウトプット(発表・伝達)し消化・吸収する!
・挑戦的・画期的なプランを立案!

http://youtu.be/Kc2YfvuJXdg
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。