2012年12月12日

重要!現場主義【8】

(1)現場主義とは?

■目標・課題や夢・理想は現場の人々が実現するのです。
会社・組織・企業の中で、実際に業務を推進する人が、
目標・課題や夢・理想へ向けての日々の実務を行うからです。

■また、全ての問題・困難・障害も現場の中で起き、
立ち向かうのは現場の人たちなのです。

■現場の中に、目標・課題や夢・理想、
全ての問題・困難・障害を見出すのが、現場主義です。

(2)現場主義の重要性とは?

■顧客との接触の中で直接、見聞きすることで、
その全ての問題・困難・障害の本質を理解できるのです。

■実際に業務に従事しているからこそ、
問題・困難・障害の解決手段も発見できるのです。

■現場の人たちの行動力が目標・課題や夢・理想を実現し、
問題・困難・障害を乗り越えるのです。

(3)現場主義を実行するには?

■全ての問題・困難・障害を乗り越えるには、
現場の人の力が必要です。
全ての問題・困難・障害を現場から引き出し、
現場で対策を考えるのです。

■管理視点でなく、現場視点で発想し、
ゴールヘ向かうべきです。
幹部が、現場を理解せずに考えるプランは、
顧客のニーズ・ウォンツから乖離してしまうからです。

■現場主義を実行するには、
実務に携わる人の、
目標・課題や夢・理想の実現を目指すことが必要です。

(4)現場主義にならないのはなぜか?

■現場を無視するからです。
現場を無視した問題提起や目標・課題の設定は、
それらを実行する人から、
力を引き出すことができないのです。

■現場を見ずに、
幹部が問題・困難・障害を解決することは出来ないのです。
現場の発想を原点に考えない幹部の発想が、
顧客のニーズ・ウォンツから離れてしまうからです。

(5)現場主義がもたらすものとは?

顧客のニーズ・ウォンツに基づいた、
■問題・困難・障害の解決ができ、
組織・会社・企業を活性化することができます。

■現場発想こそが、
組織・会社・企業の目標・課題や夢・理想の実現への近道であり、
解決のヒントやプロセスもまた現場にあるのです。
現場主義こそが、組織・会社・企業の原点です。

20121212 001.jpg

●今日の検証(C)
・現場の発想をしているか?
・現場の視点を持っているか?
・顧客のニーズ・ウォンツを理解しているか?
●今日の実践(D)
・問題・困難・障害を現場で考える!
・管理発想で考えない!
・顧客のニーズ・ウォンツを直接見聞きする!

http://youtu.be/4iM5jazEop8
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。