2012年12月07日

要諦!管理・マネージメント【5】


(1)管理・マネージメントとは?

■個人の集合であるチーム・グループ・プロジェクトから、
最大パワーを引き出すことです。
人が集合した人数以上の相乗的なパワーを、
発揮させるために必要です。

■指示・命令・伝達を通して、
無駄なく補完的に協力するためにリーダーが必要です。
リーダーは、幹部からの指示・命令・伝達だけでなく、
メンバーの話を良く聞き、承認を与え、
チーム・グループ・プロジェクトの力を引き出します。

■チーム・グループ・プロジェクの和を引き出し、
パワー・アップすることが、
管理・マネージメントです。

(2)管理・マネージメントの要点とは?

■個人個人の力を引き出し、
互いの協力により、
個人ではなしえない相互補完的な、
チーム・グループ・プロジェクトを創ることです。

■一人でやると能率の悪い作業を、
役割や領域(テリトリー)を決め、
人数分プラスαの力を引き出すことです。

■個人個人の自覚の上に、
さらにチーム・グループ・プロジェクトの自覚が備われば、
強力な集合体を形成できるからです。

(3)管理・マネージメントに必要なこととは?

■傾聴と承認、教育が必要です。
個人個人の資質やタイプを理解し、
それぞれの課題を自分で実行、
検証、改善できるようにゴールを認識し、
前進できれば、
そのチーム・グループ・プロジェクトは、
確実に課題達成に向け前進できます。

■傾聴と承認により和を生み出し、
教育・学習により、各自のレベルを上げることが、
チーム・グループ・プロジェクトのレベル・アップに繋がります。

(4)管理・マネージメントに於ける問題点とは?

■トップ・ダウンになってしまうことです。
指示・命令・伝達だけの組織になってしまうと、
相乗的なパワー・アップに繋がりません。

■個人主義の集まりでは協力・協調による助け合いが行えず、
組織力が発揮されないからです。

■各自の力を組み合わせ、長所を引き出し、
欠点を起きない合うことができれば、
強いチーム・グループ・プロジェクトを生み出せるのです。

(5)管理・マネージメントがもたらす成果とは?

■メンバー各自のパワーを引き出し、
束ねることで、最大化することです。
一人より二人、二人より三人で実行するほうが、
能率的で生産性が高くなければいけません。

■強力なチーム・グループ・プロジェクトとは、
PDCAサイクルを速いスピードでまわしながら、
自立的に課題を達成できるのです。

■各チーム・グループ・プロジェクトが、
自立的に課題・目標・夢を達成できれば、
組織・会社・企業は、
戦略・計画・テーマの実現へ前進し続けられるのです。

20121207 001.jpg

●今日の検証(C)
・指示・命令・伝達だけになっていないか?
・メンバーの傾聴と承認ができているか?
・長所を引き出し、欠点を補っているか?
●今日の実践(D)
・チーム・グループ・プロジェクトの和を創る!
・助け合い、補完しあう!
・チーム・グループ・プロジェクトのパワーを最大化する!


YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。