2012年12月03日

大切な!仕組み【1】


(1)仕組みとは何か?

■会社の仕組みのことです。
各セクションにそれぞれの仕組みがあります。
それぞれの仕組みの組み合わせが、
会社の仕組みです。

■それぞれの仕組みの能率が、
会社の仕組みの能率です。
特に会社の売上を上げる、
マーケティングの仕組みが重要です。

(2)仕組みの重要性とは?

■各仕組みが、
会社の生産性や能率を決めてしまいます。
それぞれの仕組みを改善することは、
会社のスピードを速めるために重要です。

■売上を上げるためのマーケティングの仕組みを改善することは、
最重要課題だといえます。
なぜなら、他の仕組みの生産性を補うことができるからです。
各課・チーム・セクションの仕組みの良し悪しが、
会社が成長できるか否かを決めてしまいます。

(3)仕組みに必要なこととは?

■仕組みの改善が、会社の成績に直結するので、
常に新たな方法を模索する必要があります。
特にマーケティングの仕組みの確立は、
時流に合った手法が必要です。

■その為には、『変化』が必要です。
マーケットから離れずに、
仕組みを変える必要があります。
それは、マーケットが目に見えない速さで進化しているからです。

(4)仕組みができないのはなぜか?

■課・チーム・セクションは、
それ自体が仕組みなのですが、
仕組みは常に改善されなくては、
時代遅れになってしまいます。

■マーケットは時代の変化の中で、
猛スピードで進化しているのです。
そのスピードの速さを理解しない、
仕組みを変化させられないのです。

■仕組みを変化させることは、
組織・会社・企業にとって、
絶対避けて通れない必要な課題です。
なぜなら時代の進展に追従できなければ、
組織は機能しなくなってしまうからです。

(5)¥仕組みがあると何ができるか?

■会社の生産性を上げ、利益をもたらし、
活性化することができます。
仕組みの効率が、利益となり、組織を活性化し、
仕組みの改善へと、善の循環をもたらすからです。

■仕組みのブラッシュ・アップは、
会社・組織・企業の利益を生みだし、
更なるパワーを手に入れることができるのです。

■仕組み創りは、
その組織・会社・企業を支える土台であり、原理なのです。
仕組みを創り上げることは、
組織・会社・企業の元気な心臓に、
きれいな血液を送り込むことなのです。

20121203 001.jpg

●今日の検証(C)
・今の仕組みは能率的か?
・仕組みの改善すべき箇所はないか?
・今の仕組みは古くないか?
●今日の実践(D)
・仕組みを考える!
・仕組みを改善する!
・仕組みの問題点を探す!

http://youtu.be/sk3hLA31xHU
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。