2012年10月26日

元気に!励ます【16】


(1)励ますとは何か?

■いつも元気で、明るく、前向きであれば良いのですが、
失敗や恐れなどで心が萎えてしまうことがあります。
そんな時こそ、励ましが必要です。

■心が少し弱くなり、
挫けそうになった時こそ「励まし」が必要です。
励ますことが、心を元気にし、
次の行動へ移ることができるからです。

■「励まし」とは、心に元気なエネルギーを与え、
明るく前向きなパワーを与えることです。

(2)励ますには?

■元気が無いことを隠さず、
伝えることができれば、励ましてもらえます。
或いは、相手の心を気遣うことができれば、
励まして上げられます。

■その為には、
本心からのコミュニケーションが必要です。
傾聴し心の奥の本題を理解できれば、
その時心に元気が無ければ、
励ますことができます。

■心を隠さないことが大切です。
ありのままの心を伝えることができれば、
励ましてもらえるからです。

(3)励ますことの重要性とは?

■人の心は、
いつも元気で明るく前向きであればよいのですが、
時に失敗を悔やんだり、
困難・障害に立ち向かう勇気が無かったりして、
弱くなります。

■その弱った心を元気にするために、
「励まし」が大切です。
弱い心を肯定し、素直な心があれば、
励まされ元気になることができます。

■励ましてあげることは、
その人の元気を分かち合い、
自分も励まされ、
元気になることができるのです。

(4)励ませないのはなぜか?

■心が閉ざされているからです。
伝えること、話を良く聞くことは基本です。
傾聴することで、
心の状態を知ることができるからです。
その為にこそ、
日常的な会話や声がけによるコミュニケーションが必要です。

■心を開くためには、対話が必要です。
一対一の対話から、傾聴や承認が生まれ、
心を伝え、受容できるからです。

■心を開き、心の状態を伝えられなければ、
励ますことも、励まされることもできません。

(5)励ますとどうなれるのか?

■心が元気に明るく前向きになります。
立ち向かう勇気や心のパワーを取り戻し、
次の障害・困難・問題に立ち向かえるのです。

■常に次の行動を起こすには、
エネルギーが必要です。
その力を与え、
立ち向かえるだけのパワーを与えるのが、
「励まし」です。

■人の行動は心によって支えられ、
スタートするのですから、
その源となる心の元気を、
「励まし」で取り戻すことができます。

20121026 001.jpg

●今日の実践(D)
・傾聴し励ます!
・心を開き励ましてもらう
・「励まし」でパワーを与える
●今日の検証(C)
・傾聴し心を理解することができるか?
・励まして上げられるか?
・励ましてもらえるか?

YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。