2012年10月23日

優しい!自分への許し【14】

(1)自分への許しとは?

■自分で自分を許すことです。
自分の課題達成を厳しく考えすぎると、
自分のミスや、未達成な課題について、
自分を許すことができません。

■厳格すぎる自己管理は、
自分を追い詰め強いストレスにより、
後悔したり反省したりする時間が増えて、
却って行動を阻害することがあります。

■自分を許し、無用なストレスを避けることは自分を明るく、
元気にして、前向きな行動へと前進させます。

(2)自分を許すには?

■自分の課題達成にこだわり過ぎて、
自分の負担を大きくし過ぎることは、
明るさと元気を失わせます。
失敗や未達成は、
やり直しや再挑戦でもリカバー可能なのですから、
なるべく早く、自分を許し、
次の行動へ移れる心構えを準備したほうが良いのです。

■自分の目標や課題やその期限を守ることは重要ですが、
より大きな目標・課題に向けて、
その途中でおきる失敗や遅れに縛られないようにすることも、
全体を調和させ、成功するためには必要です。

(3)自分を許すことの重要性とは?

■自分の活力を低下させず、
活動・行動を自由に前向きにすることです。
自分を許すことができないと、自分を責めてばかりいて、
元気な心を失ってしまいます。

■木を見て森を見ずになってしまうのです。
小さな失敗や遅れは気にせず、自分に寛容になり、
大きな目標・課題の達成に目を向けた方が、
結果に結びつくのです。

■自分を許すことは、
より大きな目標・課題のためのプロセスといえます。

(4)なぜ自分を許せないか?

■自分に厳しすぎ、目先の目標・課題にこだわり過ぎるからです。
それぞれの失敗は必ず教訓や改善に結びつき、
決して無駄でないことのほうが多いのです。

■小さな目標や課題ばかりにとらわれずに、
途中の間違いや遅れにこだわらない姿勢が大切です。

■自己管理にとらわれすぎることは、返って全体への視線を失い、
成果を遠ざけてしまいます。

(5)自分を許すとどうなれるか?

■遠い大きなゴールに向けて、
その途上を明るく元気に、前向きに進むことができます。

■途中の障害・困難に立ち止まらず、前に進むためにも、
自分を許容することは必要です。

■小さな失敗にこだわらず、大きな目標を達成するために、
自分の小さな失敗を許すことができれば、
くよくよせずに、明るく元気に仕事をできるからです。

20121023 001.jpg


●今日の実践(D)
・自分の失敗や仕事の遅れを許す!
・自分を許す心を持つ!
・小さな失敗にこだわらない!
●今日の検証(C)
・自分の目標管理にこだわり過ぎていないか?
・自分に厳しすぎないか?
・自分を落ち込ませていないか?

http://youtu.be/GPlduAL5vWc
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。