2012年10月22日

心から!人を許す【13】


(1)許すとは何か?

■人を許容することです。
人のしたことの中のうまく行かないことを、責めずに許すことです。

■失敗は常に学びなのですから、受け入れて、
全て無駄なことなど無いと考え、プラスに考えたほうが良いのです。

■常に至らない点に固執し、
いたずらに反省時間を永くするよりは、
問題点を肯定し、許容し、受け入れるのです。

(2)許すにはどうすれば良いか?

■許容範囲を広げ、プランと違う行動や、
達成へのプロセスでうまく行かないことを、
攻めずに受け入れ、
むしろ早く次の行動へ移すことのほうが大切です。

■失敗や、欠点に目を向けず、
失敗から得たことや、短所の半面にある長所に着目し、
常に、明るく元気に前向きに捉えたほうが、
次の行動へ移れ、よい結果に早く到達します。
失敗を嘆かず、許すことのほうが大切だからです。

(3)許すことの重要性とは?

■許すことは、人の行動を制限せずに、
次の行動に移ることを促せるのです。
許すことが、失敗への躊躇を取り除き、
行動を制限しないのです。

■許すことで、人を縛らず自由な行動ができ、
より活発に仕事に取り組めます。
許すことは、人に優しく、
人を明るくすることができます。

■許すことは、マイナスを見ず、
プラスに考えるために必要なことです。

(4)なぜ許せないのか?

■失敗したことにだけ着目しているからです。
失敗したことから得られたことや、
失敗から学べることに目をむければ、
責めずに許すことができます。

■常に良い面を捉えるようにして、
悪い面を見ないことが、
次の行動へ結びつきます。

■逆に悪い面ばかり見ていると、
行動を制限し、成果から遠ざかるばかりです。

(5)許すとどうなるのか?

■人から失敗や欠点からの束縛を解き放ち、
自由を与え、
元気で明るく前向きにすることができます。

■許されることで、人は優しさを感じ、
愛情を感じることができ、
心を開放できるのです。

■責められることは、
心を暗くし、落ち込こませ、
次への行動が遅くなってしまいます。
許すことはとても大切なのです。

20121022 001.jpg


●今日の実践(D)
・人の失敗を許す!
・失敗から得られたものを探す!
・許すことで人を縛らない!
●今日の検証(C)
・許さず責めていないか?
・反面を見ることができているか?
・許すことで人を明るくしているか?

YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。