2012年10月16日

しっかり!傾聴・よく聴く【9】

(I)傾聴とは?

■積極的に話を聞くことです。
なるべく口を挟まず、相手の話を聞くことです。

■相手の話をしっかり聞くことは、
話し手に対し聞き手が、
その話に充分興味を持っていて、
話し手を認め、信認していることを、
相手に伝えられることが大切なのです。

■傾聴は、信認を得るために大変重要です。
人は、信認されることで人間関係を良いものにでき、
その為には傾聴が必要です。

(2)傾聴するには?

■適切なテーマを選び、
自由に話をしてもらいながら、
簡単な質問を入れ、話をしっかり聞きます。

■相手の目を見て、頷きながら話を聞くのです。
相手の話しを傾聴することは、
相手に興味を持って話を聞いていることを理解させ、
相手の信認を得ることができるのです。

■傾聴のための姿勢は、
相手にその話を真剣に聞いていることを、理解してもらい、
強いコミュニケーションを築くために必要です。

(3)傾聴の重要性とは?

■傾聴と承認により、
信頼関係を構築できるからです。
人間関係を築くことは、
組織・チーム・グループの絶対必要条件です。

■傾聴は強い承認をするためにも重要です。
適切な質問をはさみ、意見をしっかり聞ければ、
その人の考えを理解でき、
その人を認めるための承認の言葉を、
適切に選ぶことができます。

■傾聴と承認は、
双方をより良く行うことにより、
コミュニケーションを深め、
人間関係を強くできるのです。

(4)なぜ傾聴できないか?

■途中で、反論やコメント、アドバイスを挟むと、
相手の興味やテーマから話が離れてしまい、
話し手の集中が途切れてしまいます。

■とにかく、話を聞くことに集中すべきなのです。
大事なのは自分の意見ではなく、
相手の話を聞くことなのです。

■聞くことに集中し、
簡単質問とうなずきだけでよいのです。
それ以外は、かえって傾聴を妨げます。

(5)傾聴の成果は?

■相手を良く理解し、
相手への興味を伝えることができ、
強い承認へのステップを築けます。

■承認するためには、
相手を良く知り、相手を認めるポイントを発見し、
そのことをしっかり伝えねばなりません。

■その為に傾聴が必要であり、
承認への大切なプロセスです。
傾聴が、承認を引き出し、
強い人間関係、組織力を築き上げるのです。

20121016 001.jpg

●今日の実践(D)
・10分間相手の話を聞く!
・相手の意見だけを聞く!
・話を聞くことに集中する!
●今日の検証(C)
・相手の話を遮っていないか?
・話の途中に発言していないか?
・話を聞くことに集中しているか?

http://youtu.be/ANMFh-q-_wo
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。