2012年10月12日

心からの!感謝【7】


(1)誰に感謝するのか?

■仕事を自分の為のするのであれば、
その人は誰のおかげで今日があるのでしょうか?
人間は一人で生きているのではありませんから、
回りの人たちによって支えられているのです。

■周りの人たちとは、誰のことでしょうか?
両親、兄弟、配偶者などの家族。
会社で所属するチームや組織のメンバーや上司、
部下、他部署の会社の人。
お客様の担当者や部署の人。

■関わる人は他にも、
地域の人や所属するサークルの人など大勢いますが、
毎日触れ合う人への感謝が根本であり、
感謝の気持ちを伝えることがスタートです。

(2)誰に感謝されるのか?

■感謝されるのは、
その人のために働いた結果です。
最初に感謝すべき人のために仕事をすることです。

■その人のための仕事が、
その人のためになれば、感謝されます。
誰かのための仕事が、役に立てば感謝されます。

■感謝されるのは、
その人のために働いたからなのです。
誰かのための働くことが、感謝される源なのです。

(3)感謝するには?

■感謝の気持ちを伝えねばなりません。
「ありがとう」と言うことです。

■何かをしてもらえることはとてもありがたいことです。
その場で、その人に「ありがとう」を言うことです。

■感謝の気持ちを伝えることは、とても大切です。
「ありがとう」といわなければ、感謝しているのか、
いないのか何かしてくれた人に伝わらないからです。

(4)感謝されるには?

■誰かのために働くことです。
感謝の気持ちをこめて、働くことができれば、
その「心」が伝わり「ありがとう」といわれます。

■感謝の「心」をこめてする仕事は、
骨身を惜しまず働くので、
相手にその「心」が伝わるのです。

■逆に「心無い」仕事は、
そこに「心」が無いので、「心」が伝わりません。
誰かに感謝されるような、
「心」をこめた仕事こそ「ありがとう」といわれるのです。

(5)感謝の結果とは?

■「ありがとう」を伝え、感謝の「心」で仕事をすれば、
その人に感謝され「ありがとう」といわれます。
その「ありがとう」を言ってくれた人は、
必ず感謝の気持ちを伝えようと、
感謝した人のために働いてくれます。

■「ありがとう」を伝えるために働くことは、
「ありがとう」のお返しとなって戻ってきます。
「ありがとう」の心で働けば、
「ありがとう」の気持ちが、仕事となって戻ってくるのです。

20121012 001.jpg

●今日の実践(D)
・「ありがとう」を伝える!
・感謝の「心」で、誰かのために仕事をする!
・「ありがとう」の心で働く!
●今日の検証(C)
・誰のために働いているのか?
・感謝される仕事をしているか?
・「ありがとう」を伝えるために働いているいか?
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
----------------------------------
posted by 社長 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。