2012年10月02日

究極!時代への適応と次世代への展開するパワー【10】

(1)時代への適応と次世代への展開とは何か?

■時流適応のための変化・前進と、
強み(USP)の確立による差別化です。

■時代の流れに適応するための変化・前進を常に考え、
実行(D)と検証(C)、改善(A)を繰り返すことで、
少しでも時代のニーズに合った商材・商品・企画・提案を、
開発しなければなりません。

■同時に、自社の強みを改善・改革し、
より強いポジションを確立する必要があります。
自社の強み(USP)の強化こそ、
競合に打ち勝つための重要な武器となるからです。

(2)時代への適応と次世代への展開するために必要なことは?

■時代に適応するための変化・前進と、
自社の強みという今まで育ててきた、
従来の考えを統合してゆくことです。

■自社の強みをさらに強化するために必要なことと、
変化させなくてはならない部分をあわせて考え、
行動に落とし込む必要があります。

■従来の自社の強みの強化だけでは、
時代のニーズに合わせられないのです。
時代へ対応するための変化を受け入れながら、
自社の強みを生かせる工夫こそ大切です。

(3)時代への適応と次世代への展開の要点とは?

■従来の自社の強みの強化と変化・前進を矛盾させずに、
統合し解決することです。
守るべき良い強みをいかしながら、
変えるべき点は即時対応しながら、
評価(C)改善(A)を繰り返し、
1歩1歩前進していくことです。

■保守と革新を矛盾させずに、
両輪として前進させるのです。
自社の強みの改革を、
時代の要請に遅れてしまわぬように進めねばなりません。
勇気をもって自社の改革・改善に常に、
取り組まねばならないのです。

(4)時代への適応と次世代への展開するための問題点とは?

■自社の強みが有効で、
競合に勝てる仕組みを持っている時に、
変化・前進を行わず、
いつの間にか時代の変化に適応できなくなってしまうことです。

■時代とのマッチングは、
いつまでも続くことなどないのですが、
その時の成績の良さが、
そのことを忘れさせてしまうのです。

■勝ち続けるためには、
勝てる強みを常に評価(C)改善(A)し変化・前進しなければなりません。
成功している時こそ、
次世代への展開を考える必要があるのです。

(5)時代への適応と次世代への展開の成果・ゴールとは?

■時代の変化に適応し、強みを強化、
改善して常に競合に優位に立てるポジションを持つことです。
あるときだけ成果を上げたのでは、
長い年月に適応し発展し続けることはできないのです。

■永続的な事業展開を可能にするのは、
自社の強みを磨き続け、改善・改良し続けることで、
競争に勝てるポジションを守り続けることなのです。

■永続的な企業の存続のために、
強みの確立と、その改善・改革による、
変化・前進し続ける努力が必要です。

■100年続く会社組織を目指し、
時代への適応と次世代への展開を、
してゆかねばならないのです。

20121002 001.jpg

●今日の実践(D)
・時流適応のために変化・前進する!
・自社の強み(USP)の強化!
・自社の強みを改革する!
●今日の検証(C)
・自社の改革・改善に常に取り組んでいるか?
・時代の変化に適応できなくなっていないか?
・変化・前進し続けているか?

http://youtu.be/fLcGPwBfXP4
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。