2012年10月17日

簡単!相手をほめる【10】

(1)ほめるとは?

■長所を発見し、相手をほめることは強い承認です。
充分な傾聴により、相手を良く理解し、長所を発見し、
その良さを(長所を)なるべく具体的に伝えることができれば、
相手の人は、認められていることを強く感じ、
その長所に益々磨きをかけるでしょう。

■ほめることは、相手を承認するために是非必要です。
チームや組織のムードを良くし、コミュニケーションを良くし、
強いチームを創れるからです。

(2)ほめ方とは?

■長所を認め、具体的にほめることです。
良く相手の話を聞き、或いは履歴などのデータを読み、
相手を知ることが基本です。

■どんな点が優れているのか、
どんな時が良かったのか、
どういう理由で優れているのか、
など、なるべく具体的に伝えることが大切です。

■なぜなら、ただのお世辞ではなく、
本当にその人を認めていることを伝えられるからです。

(3)ほめる意味・重要性とは?

■人は認められることで、自分の価値を認識し、
より自分を高めようとします。

■ほめられることで、やる気を高め、モチベーションを上げ、
積極的に行動できるように成れるのです。

■人はほめられることで、自分の存在感を確かめ、
より高い自己実現を目指せるのです。

(4)なぜほめられないか?

■相手を良く知らないからです。
或いは、知ろうとしないからです。

■相手を良く知れば、必ず良い点を多く発見できるはずです。
短所も気付くことができますが、指摘せずにほめた後で、
その人が自分で気付くようにすることが適切です。

■良く知るためには、傾聴し、その人の資料、
仕事の実績などに目を通しておく必要があります。
良く知ることは、ほめて強く承認するために必ず必要です。

(5)ほめるとどうなるのか?

■ほめられた人は、他人に認められた満足感を強く感じ、
自分に自信が持てるようになり、
より積極的な行動へ踏み出すことができるので、
仕事の成績も上がるのです。

■ほめられることで、自分の存在感を強く感じることができ、
充実感を持ち、ポジティブな力を発揮できるのです。

■ほめることは、ポジティブな動機付けをできる、
最高の承認手段なのです。

20121017 001.jpg

●今日の実践(D)
・チーム・メンバーの良いところを発見する。
・具体的にポイントをほめる。
●今日の検証(C)
・チーム・メンバーについて深く知っているか?
・ほめることを心がけているか?


YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

しっかり!傾聴・よく聴く【9】

(I)傾聴とは?

■積極的に話を聞くことです。
なるべく口を挟まず、相手の話を聞くことです。

■相手の話をしっかり聞くことは、
話し手に対し聞き手が、
その話に充分興味を持っていて、
話し手を認め、信認していることを、
相手に伝えられることが大切なのです。

■傾聴は、信認を得るために大変重要です。
人は、信認されることで人間関係を良いものにでき、
その為には傾聴が必要です。

(2)傾聴するには?

■適切なテーマを選び、
自由に話をしてもらいながら、
簡単な質問を入れ、話をしっかり聞きます。

■相手の目を見て、頷きながら話を聞くのです。
相手の話しを傾聴することは、
相手に興味を持って話を聞いていることを理解させ、
相手の信認を得ることができるのです。

■傾聴のための姿勢は、
相手にその話を真剣に聞いていることを、理解してもらい、
強いコミュニケーションを築くために必要です。

(3)傾聴の重要性とは?

■傾聴と承認により、
信頼関係を構築できるからです。
人間関係を築くことは、
組織・チーム・グループの絶対必要条件です。

■傾聴は強い承認をするためにも重要です。
適切な質問をはさみ、意見をしっかり聞ければ、
その人の考えを理解でき、
その人を認めるための承認の言葉を、
適切に選ぶことができます。

■傾聴と承認は、
双方をより良く行うことにより、
コミュニケーションを深め、
人間関係を強くできるのです。

(4)なぜ傾聴できないか?

■途中で、反論やコメント、アドバイスを挟むと、
相手の興味やテーマから話が離れてしまい、
話し手の集中が途切れてしまいます。

■とにかく、話を聞くことに集中すべきなのです。
大事なのは自分の意見ではなく、
相手の話を聞くことなのです。

■聞くことに集中し、
簡単質問とうなずきだけでよいのです。
それ以外は、かえって傾聴を妨げます。

(5)傾聴の成果は?

■相手を良く理解し、
相手への興味を伝えることができ、
強い承認へのステップを築けます。

■承認するためには、
相手を良く知り、相手を認めるポイントを発見し、
そのことをしっかり伝えねばなりません。

■その為に傾聴が必要であり、
承認への大切なプロセスです。
傾聴が、承認を引き出し、
強い人間関係、組織力を築き上げるのです。

20121016 001.jpg

●今日の実践(D)
・10分間相手の話を聞く!
・相手の意見だけを聞く!
・話を聞くことに集中する!
●今日の検証(C)
・相手の話を遮っていないか?
・話の途中に発言していないか?
・話を聞くことに集中しているか?

http://youtu.be/ANMFh-q-_wo
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

互いに!認める・信認【8】

(1)信認とは何か?

■相手の人に向かって、興味を持ち、
良く理解していることをしっかりと伝えることです。
相手を認めるとは、その人への興味を持ち質問し、
その人の性格、嗜好、行動、仕事について、
良く理解していることです。

■相手を良く観察し理解することは、
その人への興味・愛情があるからできるのです。
人は、他人に興味をもたれ、
愛情をもって理解されることで、
お互いの価値を認め合い、
信頼を深められるのです。
それが、信認です。

(2)信認するには?

■相手を認める為には、
相手を知り興味を持たねばなりません。
その為に質問しなければなりません。
なるべく多くの質問をすることです。

■相手に興味を持ち愛情を持って理解していることを、
より多く伝えねばなりません。

■伝えるためには、どうすればよいでしょうか?
必要なのは、対話です。
その為に、一対一で話し合わねばなりません。

(3)信認の難しさとは?

■認めていることが伝わらないことです。
相手に興味を持ち、充分理解していても、
それを伝えることができなければ、
認めたことになりません。

■相手への感謝や尊敬、親愛を伝える言葉が必要です。
「ありがとう」は信認のために必要な最も重要な言葉だといえます。

■なぜなら、信認は常に途切れずに必要だからです。
1年に1度或いは、たまに対話をしたのでは、
相手は「信頼されている」と感じてくれません。

■常に、コミットし続けるためには、
常に声をかけていることが必要なのです。

(4)信認する意義・意味とは?

■人は信認されることで、自己確認し、
信頼されていることで、自信を深めることができます。

■人は、認められることを求めているのです。
自分の価値を評価されることは、自己確認ができ、
自信とプライドを大きくすることができます。

■信認はその人に自信と勇気を与え、
より積極的な行動へスタートさせることができる、
「魔法の杖」なのです。

(5)信認するとどうなるのか?

■信認され自信を深めることができた人は、
ほうれん草でエネルギーを充填されたポパイのように、
元気でパワフルになれます。

■信認はその人に勇気を与え、
力を与え、活力を与えることができ、
行動を起こすことができ、
成果へ最速で突き進むことができるのです。

■周りの人を信認することは、
チームやグループ(課やプロジェクト)を元気にし、
組織や会社を明るくすることができます。

●今日の実践(D)
・1日1人の人を意識して信認する(認める)。
・1日に何人の人を信認できるか挑戦してみる。
・常に声をかける!
●今日の検証(C)
・今日誰を信認できたか?
・今日何人信認できたか?
・常に声掛けをしているか?

http://youtu.be/tbtTzwm8ucE
YouTube に無料動画セミナーをUPしました!
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。