2012年07月30日

必須!仕組み開発力【2】

(1)仕組みを作るための力とは何か?

■仕事を組み立て、
手順に沿って仕事をすれば目標達成できるようにすることです。
仕事を標準化し誰でも、
手順に沿って仕事をすれば結果を出せるようにすることです。

■その為には、仕事の手順を書き出し、組み立て、
ゴールへのプロセスを明示しなければなりません。

■仕組みによって仕事が結果を出せるようになれば、
属人的な仕事が減り、
能率よく結果を出せるようになり増す。
各自の役割が明確化し、
仕事の引継ぎも可能になります。

(2)仕組みを作るために必要なこととは?

■必要なことは、仕事を分解しプロセスを明確化し、
他の人に伝えられるような手順を作ることです。

■仕事を仕組み化することは、
単にマニュアル化することではなく、
その組み立てが、結果を導き出せるようにすることです。
仕事の課題を達成するための、
プロセスを創ることが重要なのです。

■どのようにすれば、
属人的でない「仕組み」によって、
成果を上げられるかを考えることが必要です。

(3)仕組みを変える必要性とは何か?

■仕事の仕組みは、
時代の変化に合わせて変化しなければなりません。
時代の変化は、
日々の中では見えにくいのですが、
1年単位で見ると必ず実は大変なスピードなのです。

■常に改善を心がけ、
変化させることの方が、
それまでの仕事の仕方を維持することより、
重要だと認識しなければ、
最後は時代遅れになってしまうからです。
仕組みは常に改善され、
変化させねばならないのです。

(4)新たな仕組みの問題点とは?

■リスクが伴います。
やってみなければ分からないことや、
障害・困難・問題に取り組まねばなりません。

■今うまく機能している仕事の仕組みを、
改善し変化させることは、痛みを伴います。
誰もが新しい仕組みを取り入れるための不明な点を非難し、
革新より保守を選択したいと思うのです。
困難・障害・問題を排除し、
前向きに挑戦するしかありません。

(5)なぜ新たな仕組みが重要なのか?

■生き残るためにです。
日々自分の仕事の仕組みの機能や役割を点検し、
改善することは、新たな時代に対応するために欠かせません。

■その新たな仕組みは、常に時代の変化と向き合い、
新しい技術や考え、材料、ソリューション等を取り入れ、
仕組みを再構築しなければなりません。

■新たな仕組みの創造こそが、
売り上げを伸ばし組織を活性化するために、
必要で重要なやり遂げるべき会社(組織)の使命なのです。

20120730 001.jpg

●今日の実践(D)
・ゴールへのプロセスを明示する!
・仕組みを常にカイゼンする!
・仕組みを再構築する!
●今日の検証(C)
・仕事の手順が書き出されているか?
・仕事を常にカイゼンしているか?
・仕事を再構築しているか?
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。