2012年07月18日

要諦!中長期計画と短期計画【5】

(1)中期計画の期限(ターム)とは?

■現在の経済状況の中で、
長期的な計画を立てることは、
中小企業にとって難しい環境です。
今想定しうる、実現可能な計画はおよそ3年先まででしょう。

■特に情報化の進捗は、
インターネットを中心に、
PCからモバイルへと大変なスピードで変化しています。

■100年に一度といわれる経済環境の中で、
三年後にはこの逆風を突破し、
抜け出ていなければなりません。

■「新たな商材を既存顧客に」、
「既存商材を新たな顧客に」、
「新たな商材を新たな顧客に」、
この3つのエリアに進出し、
マーケットを拡大し売り上げを確保しなければなりません。

■しかし「新たな商材を新たな顧客に」売り込むには、
リスクが大きすぎるので、
1度は、「新たな商材を既存顧客に」、
及び「既存商材を新たな顧客に」への、
2つの象限へ踏み出してから、
「新たな商材を新たな顧客に」への象限へ進むべきなのです。

(2)短期計画と中期計画のバランスとは?

■短期計画とは、1年以内の計画です。
つまり中期計画は、
短期計画を3回実施した結果を求める計画です。

■現在の経済環境では、
この短期計画のほうがより重要です。
なぜなら環境変化のスピードが速すぎて、
1年後との見直しが大変重要だからです。

■現在は、短期計画達成に集中し経済環境が安定するまでに、
安定したビジネスの仕組みを確立すべきです。
つまり年度予算の達成を、
「何をどこにどうやって」達成することができるかに集中すべきです。
ということは、今月の目標達成を「何をどこにどうやって」達成すべきかが、
勝負となるでしょう。

(3)短期決戦に必要なことは?

■集中と選択です。
いろいろな背策を検討実施するには時間がないので、
選んだ施策を早く実行(D)し、
その結果でそのプランに集中するか否かを早く決定します。

■早く立ち上げ、ダメな時は早く見切りをつけ次に進みます。
試行錯誤のPDCAサイクルを、なるべく早く回転させるのです。

■考えるより実行(D)とチェック(C)での選択を数でこなし、
課題達成への道を早く見つけた者が勝者となれるのです。
それはあまりにも、
この情報化時代の変化のスピードが速いからなのです。

(4)今やるべきこととは?

■今やるべきことは、今すぐやることです。
即刻着手し実行(D)することです。
躊躇している時間はありません。

■やって結果を出し、その結果をチェックし達成へと向かわなければ、
競合と時代変化の波に押されて、ゴールへたどり着けないのです。

■今やるべきことは、今あるプラン・施策(P)をすぐ実行(D)し、
結果を報告・連絡・相談することなのです。
実行(D)!実行(D)!実行(D)!・・・なのです。

20120718 001.jpg

●今日の実践(D)
・短期計画達成に集中する!
・選択し集中する!
・即刻着手し実行(D)する!
●今日の検証(C)
・短期計画達成に集中しているか?
・選択し集中しているか?
・即刻着手し実行(D)しているか?
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。