2012年07月12日

要点!ゴール設定力【2】

(1)理念とゴールの関係は?

■会社の理念とは、
その会社のあるべき姿を文章化したものです。
その理念を実現することと、
ゴールは同じ目的を持っていなくては、
目指す方向が同じになりません。

■理念を実現するために、
年間目標や4半期目標や月間目標があり、
週ごとの課題を達成することによって、
それぞれの課題が達成され、
ゴールに到達できるのですから、
日々の課題(P)の実行(D)と、
会社の理念を実現することはイコールだといえます。

■ゴールへ向かうことが、
理念の実現でなくてはなりません。
日々の実行(D)はそのまま理念実現への行為(D)なのです。

(2)ヴィジョンとゴールの関係は?

■目指すゴールへ向けて、
中短期の数字など具体的な指標を持つヴィジョンが必要です。
年間目標や4半期目標、
月間目標などしっかりとした数字や行動目標を定め、
最終的なゴール(理念)の実現へ進まなくては、
ゴールは夢物語で終わってしまうのです。

■そのため、行動指針を伴う中短期目標の策定は必要ですし、
週単位の、或いは日々の実行(D)を積み重ねによって、
目標を達成していかなくては、
ゴール(理念)に到達しないのです。

(3)ゴールを創造する力とは?

■ゴールを最終目標とするには、
その会社の理念をいかに実現するかを考えて策定するのです。
理念が反映された事業そのものの到達地点を、
組織のメンバー全員が、
理解できる形を指し示すものがゴールです。

■分かりやすい実行結果の到達地点を、
指し示す必要があります。
全員が認識し共有するためにです。
そして、そのためには何をなすべきかを、
全員が認識し実行するためにです。

(4)ゴールを想像する力とは?

■ゴール(最終目標)はなるべく具体的で、
分かりやすい形で提示されるべきです。
なぜなら組織のメンバー全員が、
そのイメージをはっきり持つことが大切だからです。

■イメージされないことに向かって進むことは、
頂上が見えないで登る山と同じで、
途中の困難や問題を越える時に、
大きな力を発揮することが難しくなってしまいます。

■それははっきりゴール(頂上)が見えていないからです。
ゴールをしっかり見据えることは、
そこに向かう途上のさまざまな困難、
問題解決に必要なことなのです。

■分かりやすい理解しやすいゴール設定こそが、
組織のメンバー全員がしっかりそのゴールをイメージ(想像)し、
困難を克服し、
頂点(ゴール)へ向かう力(パワー)を引き出せるのです。

20120711 005.jpg

●今日の実践(D)
・中短期目標を策定し日々の実行する!
・ゴールを全員が認識し共有する!
・ゴールはなるべく具体的で分かりやすい形で提示する!
●今日の検証(C)
・中短期目標を策定し日々実行しているか?
・ゴールを全員が認識し共有しているか?
・ゴールを具体的で分かりやすい形で提示しているか?
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。