2012年07月09日

気付き(自分をしる)・改革(行動)・習慣化(身に付ける)【10】

(1)自分を知る力とは?

■結果を出せる人は、自分を知っているのです。
知らないでいることは、無知です。
知っているだけでは、頭だけで考えているのです。
やっているつもりでも、できていない人がいます。

■行動できない原因は、自分自身の気付きガ足らないからです。
自分の行動を知ることが、行動に結びつく大切なポイントです。
今自分が行動できているか、チェックし確認してください。
気付くことが行動への第1歩となるからです。

(2)気付かせるために必要なことは?

■自分を知るためには、客観的な視点が必要です。
同僚や上司などから行動のチェックをしてもらい、
自分の思い込みや自分勝手な行動がないかを、
確認してみましょう。

■○知らない○知っているつもり○やっているつもり・・・・・
などに気付くには、
誰かに自分の行動を確認してもらうことが必要です。
自分の行動への気付きは、
課題を達成するための行動をするために絶対必要です。

(3)変革するために必要なことは?

■行動に移すことです。
行動(D)を起こし、検証(C)することです。
行動(D)を起こすことで検証(C)することができ、
次への行動(改善=A)へ移ることができます。

■アイディア(プラン=P)を実践(行動=D)し、チェック(検証=C)、
次の行動(改善=A)へのサイクルを回り始めることができるからです。
とにかくはじめること、行動開始し改善の繰り返しです。

(4)習慣化とは何か?

■行動の持続です、・・・繰り返すことです。
行動を起こし改善することを繰りかえし続けることで、
そのことを当たり前のこととして、
自分の行動パターンにすることができれば良いのです。
繰り返すことが大切なのは、
習慣化することができるからです。

■自分が無理をすることなく、
常に行動への心の準備ができていることが大切です。
例えば、朝の最初にする仕事を決め必ず実行することは、
積み重ねることによって、偉大な力となっていくのです。

■3年で約1000回、10年で3000回の積み重ねは、
簡単には追いつかない実績を、
積み上げることができるからです。

(5)できる力とは何か?

■行動できると自分が思うことです。
自分に気付き、行動することを習慣化し、
自分の行動に自信が持てることです。

■その為にも、自分への気付きが出発点ですから、
気付き→変革→行動→習慣化へと自分を変えることにより、
できる自信を持てるのです。
できるようになるために行動を起こす!
自分への気付きから始めましょう!

20120709 001.jpg

●今日の実践(D)
・自分の行動をチェックする!
・自分の行動をチェックしてもらう!
・行動を繰り返し習慣化する!
●今日の検証(C)
・自分の行動をチェックしているか?
・他人に自分の行動をチェックしてもらっているか?
・行動を繰り返し習慣化できているか?
--------------------------------------------------
株式会社堀越 http://www.hrks.jp
代表取締役 堀越登志喜
Email: toshiki@senmongai.com
Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi
Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi 
Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks       
TEL.03-3295-3360 FAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F
--------------------------------------------------
posted by 社長 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。